日記

坂口美紅です。

目玉焼きは塩水のお味

お母さんになった同級生に会いました。

赤ちゃんと、その子のお母さんも。

20歳なんですよね、同級生だから。

私、ハタチって若いと思うんです。だけど目の前に毛のフサフサした赤ちゃんが居て、


同級生はこの子を産んだんですよ。

不思議で仕方がない、

さっきバイバイした後ろ姿。


服屋さんに入って、

姿見に映った私はチンチクリンで、

どう睨めっこしても、その手に子供は居ませんでした。想像出来ない。そして私はいつまでも子供のつもりで居る事を再認識する。


一番に考えるのは、もう自分の事じゃないんだ。何よりも優先すべきというか、しようと思えるものがある。そしてそれは責任でもある。生を背負うという大きな責任。


さっき会ったあの子はもう、母親。

 


産むって、

 

なんだ、

 

産む。

 

命を

 

産む。なんなんだ

 

………………………あかんもう未知数。

頭パンク。知恵熱でそうですわ。

 

考えたって到底分からない。辿り着かない。子供と共に育つんだろうな。お母さんも一緒に逞しくなって行くのだろうな。

 

なんだろう、

やっぱり出産って、特別な事ですね。

 

 

そういや、

その子にいじめられてた事もあったなぁ。。。今全っ然関係無いけど、

 

いやあるな、ある事にする。

小学生の私には一大事だった。もはや歴史

 

だけどそんな事も流れて行く程、母の背中は格好良かった。

 

まあ電気ショックが流れたというお話でした。散ッ!

 

f:id:o39mogmog:20170813232107j:image