日記

坂口美紅です。

オレンジの猫じゃらしとバク

口から出た言葉や文字は段々と身体を離れていく。しかし放った責任は一生付いてくる。


少し前に書いた文章を読み返す時そう感じる。

 

覚えていないけど、これは自分の口から出た言葉なんだなーとその事実だけはあって、変に客観的になる。

 

今の私は、ぜんぶぜんぶ今までの私と繋がっている。私の後ろにほそーーい糸が沢山伸びてここに居る。

へんなの

 

夢日記は特に凄い。最早怖いノートだ。

 

目が覚めてもなお、余りに記憶に残っていたら、覚えている絵と説明をノートに書くようにしている。何コマ漫画みたいに。

 

誰の体験でもないのに、読み返すと遠い体感が蘇ったりする。

 

あ〜、あったな〜。とか思う。

変な記憶。

 

 後々読み返した時の為の娯楽だから、出来る限りのクオリティーで書くとなお良し。

 

前の舞台が終わった後に、今から千秋楽という夢を見た。

小屋に着いたらすぐ本番で、気持ちを準備する時間は無いし、舞台裏では疲れたお婆ちゃん達が開演まで寝転がっているし。

 

気分転換に外に出れば母と祖母が、広い駐車場を荒い運転でこちらに向かってきて、ニヤニヤ私を見て通り過ぎていった。

 

早く中に入ってねと声をかけて、もうすぐ開演なので私も中に戻ると、

私の出るきっかけはとっくに過ぎており、

急いで舞台へ出て、6つのランタンに火を灯そうとするが、どうもつかない。

よくよく見ればランタン達は

 

ぜんぶ消臭力だった。

 

頑張ればなんか灯せる気がしたけど、できなかった。

 

とまあこんな感じで、他人の夢の話ほど手持ち無沙汰になるものはありませんよね。

しかし本人はとても楽しいのです。

 

早くこれも絵日記にしなきゃ

おほほほほ

 

夢はどこから引っ張られてくるか分かりませんね。

だけどきっかけは自分の中にしかないというのがまた楽しい。

今夜は夢を見るでしょうか、

起きている私のどこから何を取ってくるのでしょうか。

少し楽しみに今日を過ごします。

 

いい天気です。

 

では、散ッ!!!


f:id:o39mogmog:20170615104009j:image