日記

坂口美紅です。

すっぴん

今日は本番です。

昨日の夜は日記を書かなかった。リビングの椅子で寝てしまった。

最近どこかで許してしまう。今の状況を優先してしまう。

だから椅子で寝たりお風呂で寝たりするんだ。布団がどれだけ良いか知っているのに

 

今日は本番です。

 

最近やっと考えて立つようになった。

だけど昨日の全体の変化の繋がりを、今日も出来るかは分からないという心配で、文章にした今お腹が痛くなった。

今朝久々に牛乳を飲んだ。

 

結局感覚野郎なんだ。

その上、まぁ行けるやろという小人を飼っている。

もうお腹痛くない。

 

近頃ずっとワンピースを着ていた。役に対する自己満足の精神安定剤として。

本番の今日は、ジーパンを履いた。

自分に対する自己満足の精神安定剤として。

大丈夫、なんくるないさ、あーりーずうぇる

 

ずっと忘れ続けていた 

爪を切りたいが為の爪切りは持ったし、髪を伸ばしたいが為のアイロンを持ったし、前髪を切りたいが為のハサミを持ってきた。

完璧だ!

 

弟が母伝いに明日の予約をキャンセルして欲しいと言って来た。彼女と映画だそうだ。

弟よ、

彼女も連れて観に来いよ!

そしてその後道頓堀でデートしろよ!

 

今日は初日です。

とりあえず大学に授業を受けに行きます。

今日ほど自分を学生だと思った事はありません。

 

昨夜は雨、今朝は晴れ

 

稽古は今日をいかに楽しむかの為にあるんだろうな。

 

・観に来るかどうか迷ってもらうって、どれだけ嬉しくてぜいたくな事か

・前を歩く人に足並みを合わせるゲームは楽しい。

・朝ごはんを食べると有意義な一日に思える、何が起きても結果オーライだ

 

f:id:o39mogmog:20170602094052j:image

シンプルな写真。石だけど。

草むらには蟻が居ます。

ふと足元を見ると、蟻は居ます。 

その蟻の隣には蟻が居ます。

そしてその隣にも蟻が、、

 

あれ、なんかおかしいなと思って視点のギアを変えます。より広い物に。

すると視界に入る緑全部が動いている。

モゾモゾしている。

気になった方へピントを合わせると、蟻だ。

 

視力検査で一番下まで見える私の目は蟻を捉えます。

 

いやいや待てよ、

 

蟻、多くない?

 

この草むらに、日本の人口居ない?

え、という事は世界の総人口数より圧倒的に蟻が多い?

というか既に地下は支配されてるんじゃないの?

地表の蟻なんて氷山の一角ですか?

 

という事は数で言ったらもはやこれ、

蟻の為の世界だったり……

え、違う?

 

あ、蟻だー とか言ってる場合じゃ無い気がしてならない。

人類の皆さん、気を付けて

 

・身体が鳴る事や、明日からのヒントを得た

・人はどうしたって身体は一つ、でもどんな一つになるか、全て自分次第だと思った。

・これは黄色い声援と言うより尊敬だ。必要な時間だった。ごめんなさい。

 

今日は凄まじく心が動いた日、以上!散ッ!


f:id:o39mogmog:20170601000111j:image

風は吹いた。桶屋に繋がりたい人生

中学で吹奏楽部、ユーフォニアムを吹いていた。
マーチングもしていた。

高校で軽音楽部、ギターを弾いて歌っていた。

大学現在。舞台の勉強をしている。

一体どういう風が吹き回されたんだろう。

今日まで一日一日どういう選択をして来たのだろう
覚えていない。

もう再現出来ない

ただ、なんか良かったなと思う。

なんか良かったなーと思う。


もしかしたら、沢山の情報が流れて来ても引っかかる事の無い毎日だったかもしれない。

舞台、観に行く事なんてあったかな。特定の映画館でしかやっていない映画を知る機会があったかな。

不思議なもんですね

ここに来た以外の行先は永遠に見えないんですよね

歩いていると、色んな自分を想像します。
自分の身体はココにしか無いのだけれど、思いを馳せてしまいます。

誰も想像つかなかった今日がある。

こんなん言い出したらずっと言うとりますわ。

社交的になったねって言われます。
変わったんだろうな、これでも話せるようになったんだろうな、まだ全然会話出来ないけど、

まず会話出来てない事に気付いたのが収穫

アイタタタ
口先の口内炎が痛みます。

口内炎て、じっくり見ると怖くなります。
え、私 穴空いてるやん。大丈夫か……
ピンクに白い吸盤みたいなモーゼな感じになってる
見れば見るほど怖い。

あいひゃひゃひゃ

・私は今迄独りよがりだった。話し合いの習慣が無かった。それが原因だよ
・大声を出して良い場所って貴重
・バス停から家まで、イヤホンを外した時の音の情報量

では、散ッ!!
f:id:o39mogmog:20170531013320j:plain

宿敵音響妖怪ポポーン

駅で電車待ち、
ポーン。ポーン。と等間隔に鳴る音は、別に気まずく無い相手との会話も、気まずい間を埋めてくれている様な演出をしてくる。
ポンポン鳴ってる間に喋るのもなんだし、鳴ってない間に少し話すと、ポンポンが始まる。お互いその音を聞く。間を支配される。
存在感が凄い、宿敵の話。


日本人は親切をし慣れていない
というより一人の時間が多いので、突然人と関わった時の反応が何とも言えない。

ベビーカーを押した家族連れの子供がおしゃぶりを落とした。横を歩いていた女性が咄嗟に拾った。
日本人は咄嗟に動ける。
女性は子供におしゃぶりを渡し、両親に感謝され
若干目を見られないまま、別に大した事じゃないですと言いたそうに会釈をし、ズレていないヘッドホンを直し、表情を固めたままこちらに歩いて来た。

本当に何とも言えない表情だった。
ちょっと良い事をした事にニヤケてはいけない。あくまで平常心と、むしろ深刻な顔をしていた。
んああ!!となった。
もう少し柔らかい空気の可能性あったよ?と思ったりした。
でも実際私もそんな感じになるんだろうな。

せっかくの出会いなのに、
心の肥やしにするか、それとも
大いに心の肥やしにするか

感じるには常に膝の力を抜いておかないと


口内炎が痛い。

・小中学校で買ったオーバーオールが古着となって良い感じ(👊 ˙-˙ )
・今日のご飯は兵庫県名物かつめし らしい
カタルシスを辞書でひいた。今日の稽古でカタルシスを感じた。
f:id:o39mogmog:20170529221616j:plain

団子は私にとって、おもち

朝はマスクを出来るだけ離したい。
人と関わるエネルギーがあるから。

帰りはマスクを着けたくなる。
家に着く前に、電車で既にスイッチを消したくなるから。

マスクは仮面

マスクはずるい

人からは見る事が出来ないのに、自分はじっくり見る事が出来る。
人間観察には向いている。だけどフェアじゃない。
自分がどんな目で人を見ているのかを忘れてしまう。これが一番怖い。

自分が和室に居て、襖に一つ小さな穴が開けられ、外から目ん玉が覗いている感じ。
コチラからは目が一つしか見えないのに、あちらからは私の全体が見えている。

なんか嫌じゃん。
日常でも偶にあるんですこれ。
ずっちーなーって思うんです

織田裕二のモノマネをする日村さんが浮かびました。

さっきから、三幸製菓「越後樽焼」旨み塩味を食べる手が止まりません。
一枚が丁度一口いっぱいに収まるんです。
ずっちーなー美味しいよー

私は設楽さんが大好き

・初のバイク2ケツはアトラクション
・ジーンズ生地の全身
・コンビニの三色団子は味が同じ。でも違う気で食べたら違う気もしてくる不思議

では以上!散ッ!
f:id:o39mogmog:20170529111001j:plain

シベリアレモン

5限は空きコマだった。
居場所を求めて放課後稽古する教室にやって来た。もし使われていないならそこに居ようと思って、

教室の扉は開いていた。土足厳禁の教室。

教室の外側に、黒いヒールが一足。
しかし電気はついていない。

少し緊張しながら中を確認すると、誰も居ない。
荷物も無い。

少し強い風と擦れる葉の音が聴こえるほど静かだった。

靴はきちんと揃えられていた。

その靴一足で教室は不思議な空間だった。

人が来たら出ようと思い、中に入った。
寝そべりながら台本を読んで胡麻入りの醤油煎餅を食べていた。

ポリポリボリボリ

すると鍵の音がして女の人が来た。
飛び起きてモゴモゴ煎餅をどうにかしようとしながら、すみませんすみませんと出る準備をしようとした。

女の人は、鍵だけ…。と言って入ってきた。

教室の入口には、また新しい靴が脱がれていた。
持ち主じゃなかった。

これはまだここに居ても良いんじゃないかという気がして、女の人が出て行くのを待った。

靴の持ち主はまだ現れない。

何これ、何この感じ
突然演劇世界に入れられて、これを誰かが観ているんじゃ無いかという気がしてきた。

靴一足に操られる。

ザワつく教室。

電気をつけに行く気にならない。
じっとしておこう。


・久々に高校の友達のLINEが動いた。あぁこのスピードと笑いだ、と懐かしくなった。シチリアレモンのシチリアは寒い所だと言った。
・寝っ転がれる教室を独り占めだ!
・今日の稽古も楽しい予感しかない。
f:id:o39mogmog:20170526174432j:plain

もじゃ毛で意思を継ぐもの

ヤケドした。
今朝火傷をした。
昨晩友達の家に泊めてもらい、今朝コテを借りた。

前髪のコンディションがどうも上手くいかず、友達が使った後にもう一度借りた時の事。
ほんの一瞬、たった一瞬。

されど一瞬だった。マグマかと思った。

「220℃」て、そんなアホな。
こんな本気のコテ見たこと無い。
220℃が私のデコに触れた。溶けた、デコ溶けた

まあまあな範囲触れ溶けた

こいつは本領以上の事をしている。
料理とか出来る多分。コテも本望だろうな。

この円柱のコテでバームクーヘンとか作れるんちゃうかな、

お蔭さまでオデコに意味深な痕、ハリーポッター枠狙えると思う。何かの意思を受け継いでそうなデコを手に入れた。

お風呂に入ったら1人で
うう、傷口が疼く
とか1人で思ってしまうのかな

前髪をあげる時少し凛々しい顔をしてしまいそう。


ところで私は普段モジャモジャだ。
しかし最近アイロンでストレートにしなければならない時が多い。
鏡を見て気付いた、

ものたりない。

モジャモジャには中毒性がある。

・外国映画の歴史で観た映画のダンスシーンが格好良くてたまらんかった
・稽古で何かもうまた楽しい物を手に入れてしまった
・久々に野菜を感じる量の野菜を食べた

それではこれにて散ッ!


f:id:o39mogmog:20170526012150j:plain