日記

坂口美紅です。

蛍光のシミでうやむやにした贅沢。

朝コンビニへ立ち寄ると、

安い肉まんは加熱中。

落ち込みはしたけれど、高い肉まんを食べてみる運命だったのかもしれないと思った。

カラシを付けてもらう。いつも付けないけど一つ付けてもらう。

 

誰も居ない駅の待合室、こんな所ですみません。

とてもお腹が空いていることを理由に口へ運ぶ。

一口目で、鼻先にカラシの矢がジャストミート。ツツーンと貫いた。

高い肉まんは、551に比べれば独特じゃないが、皮は厚くてなにしろ美味しかった。

 

初めて知った、

肉まんに、カラシ一つでは足りないって事。

 

それから、不慣れなカラシは白い上着

ペチャっと付いてしまった。

あー、

まあでも、美味しいし、しょうが無かったかな。

カラシを拭き取った跡は思っていたより黄色い

 

待合室に、おばあさん2人が入って来た。

知り合いでは無いらしいが、お話をしている。

「駅のアナウンスは録音なのか録音じゃないのか」について

 

早いとこ肉まんを食べきってしまおう。

残りを急いで口に入れた。

 

「お姉さんはどう思う?」

 

!!

もごもご

ごくん

 

「……録音だと思います。」

 

駅員さんは大変、給料は幾らだろう、退職金は多いらしい。お金は大切にね、無駄使いせずに、この国の税金の使い方はどうなってるんだ、お姉さんはこの辺で有名になって、皆を引っ張って、良い政治家になってね。年金を払っても、お葬式に5万しか貰えないのよ、私の友達がそうだった、お姉さん、良い政治家になってね

 

学生さん?、親御さんも大変でしょう、私達は貧しかった、勉強したくても出来なかった、食べ物も無かった、小学六年生の時お使いに行った先で玉ねぎを貰った、母がとても喜んでいた、食べるものが無かったから、最近の人は贅沢で、お金が溜まったら旅行に行くらしい、

 

そういう話

 

私は黄色いシミを隠した。

初めから相手に見えてはいなかったし、

特に旅行に行く予定も無いけど。

 

 

お姉さんは、何か部活してるの?

 

 

5秒間、あーーという声と共に嘘をついてしまおうかと考えていた。冷静に、

冷静に、運動部に見えるものを持っていないか探していた。

 

人生で一番長い、あーーだった。

 

演劇を、しています。

 

嘘を言う勇気の方が無かった。

今思えば別にこれは部活でもないよな

 

それはそうと、こんな前振りあるのか!

全然政治家に向かって進んでないです私!!

ましてや誰も待っていない所を進んでいます、そう、別に誰も待ってやしないんです。

 

全世界の父母に改めて感謝していた最中です私…!!

 

 

「芝居?」

 

 

 

 

 

 

 

「良いわね。」

 

 

良いわね?

 

良いわね!

 

お姉さん、いやぁー、凄く良い顔してる、帽子取ったら全く別人になるし、気付かんわ、あなた向いてるわ、役者向いてると思う、見て、凄く良い顔してるわぁ、眼鏡してても良い顔よ、分かるわ、頑張りなさい、応援するわ、頑張ってね、

 

なんかもう帽子も眼鏡もめちゃくちゃ恥ずかしかったけども、、

 

 

そうしてひとしきり褒めて貰った後、おばあさん達は「もうそろそろだから」と待合室から出ていった。

 

 

通り雨、スコール、嵐、

 

肉まんを買った時からこの嵐が来る事は決まっていたんだ多分。

 

なんだか分からないけど、

無駄使いをしないで、時たま、この高い肉まんをまた食べなくてはならない気がした。

この高い肉まんは、ただの高い肉まんでは無くなってしまった。

つまり、娯楽肉まんでは無くなった。

 

 

 

実は、今日は高い肉まんと一緒にチョコレートも買ってしまいました。

 

 

 

 

雨が降ってる

 

もう誰も居ないその部屋から出た私は、

次の電車を待ちながら、蛍光に光るシミをゴシゴシと擦った。


f:id:o39mogmog:20180920124306j:image

頬杖をつきながら不規則に揺れる背中達

一般教養、座学

教室に入ってすぐの、一番後ろの席

 

講義をBGMに、机下からおしゃぶり昆布の梅を取り出して静かにしがむ。

これが平成最後の

というより人生最後の、後期授業始まりである。

 

先生は丁寧に謙遜しながら自慢話をしている。

学校。

 

もう次の春からは無いのか、なるほど。

 

遠くの先生の目線を気にしながら、顎を動かすタイミングを見計らう。

 

後ろのドア付近は、授業が始まっても人通りが多い。

遅れてきた人は教卓前の資料を取りに行く。

 

知っている光景

これも懐かしくなる日が来るか

 

前から二列目の人の鉛筆キャップが高い音をたてて床に転がった。

その人は一向に拾いに行かない。

だけどソワソワしている。

 

 

 

今日は雨、

 

「雨、一限、授業始まり」

 

良いね。       良く起きれたね。

 

散ッ!


f:id:o39mogmog:20180910100854j:image

添削にも向かない文章。

今日は卒業公演の通し稽古がありました。

 

集大成という言葉の意味とトゲを知りました。

 

通し稽古に恐怖がいっぱいだった夜、

明日は必ず来るよ!と背中を押してくれる曲は沢山あるのに、来て欲しくない明日に備える為の共感ソングは無いという事に気付きました。

来て欲しくなかった時間がやって来た後、落ち込んだ時に、それでも陽は昇るさ!という曲しかないじゃないかと。今の私も掬ってくれよと。

ぶつくさぶつくさ

 

そんな一日も、もう終わり。

夜です。

 

帰路、今日は疲れただろうと、イヤホンを着けてバラードを選んだけれど、どうも違う。

シャカシャカした、大股で歩きたくなるような曲に落ち着きました。

つまり

疲れたけど、疲れてない

ただ、瞼を閉じたらそこがハンダゴテで溶接されるだろうなという帰り道でした。

つまり良い日でした。

 

散ッ!


f:id:o39mogmog:20180908002529j:image

勇気についての考察

セブンイレブンの唐揚げ棒、

最後の一欠片がひゅるんと落ちそうになった。


全神経で「 ビクッ! 」とした。

 

なんだ、しっかりと棒に繋がっているじゃないか

こんな小さな肉片に脅かされるとは、

私の肝っ玉は小さいものだなぁ。

と、思いかけて止めた。

 

強靭な精神を持ってしても、最後の美味しい一口が落ちるッ!となったら

寂しさとか、予測外の動きだったーとか諸々詰め込んでビクッと、するだろうさ!

 

そう思うとなんだか可笑しくて、

これから先私の心が

生きた分だけ強くなって、

とっても強くなっても、

最後の一欠片がナマケモノみたいに棒からぶら下がったら、諸々一瞬にして過ぎった事を詰め込んで

 

「 ビクッ! 」とするんだろうな。

 

そう思うと、ビビるのも怖くない。

 

ボブサップだって、ナポレオンだってきっと、唐揚げ棒に脅かされるのだ。

 

私は最後の一欠片を、しっかりと味わいました。

 

今日はこれにて、散ッ!


f:id:o39mogmog:20180412212240j:image



 

吹いた息は空の青さの肥やしに

私は今、福神漬け。

単品のつもりで歩いていても、

ひょいとカレー皿の端に乗せられるのです。

あぁ、全てはカレーありきだったのかもとさえ思うのです。

 

カラスが坂を歩いていました。

それを見て、思ったのです。

トリは翼があるから飛べるけれど、その前に足があるではないか!と

まず、歩けるではないか!と

 

だからそれを見て、思ったのです。

自分の持っているもの、見直してみよう。と

 

私は何になろうか

もう、無意識下の福神漬けはいやだな。

私は強くなりたいのだ。

 

 

心地よい春の風は、

目と鼻に痒みをもたらしながらも、

私の表面に着いたアカやサビを

どこか遠くの、温かい島へ、スーーッと運んでくれるのでした。

 

散ッ!


f:id:o39mogmog:20180405123732j:image

人には人の乳酸菌、でも商品は一つじゃん!と思っていました。

おはようございまーーす!

7:11

私は今日も今日とて走っておりました。

なんせ家を出てからバスが発車するまで、残り3分しか無いんですから。

もう毎日毎日、そりゃもう日課の如く。

 

とてもとっても寒い。

もう寒いの?と思っていたら、既に11月でした。

今日はリュックがとても軽く、走っているとポンポン跳ねます。軽さに嬉しくなりつつも、調節紐をキュッと閉めました。

 

人のお家の朝ごはんの匂いがします。

あーいいー匂いだー

お味噌汁は確実です。んー、自然と深呼吸

 

前方にいたグレーの猫がササッと影に走る。

通りがてらグッ覗くと、猫の尻尾がシマシマでした。

 

ちなみに、しっかりめに走っています。

 

交差点にあるカーブミラーに、後方からの朝日が反射します。映った私は光に飲み込まれて行きます。そんな景色も数秒だけ、

何せ走っておりますから。

 

冷たい空気って新しい気がします。

一番初めに吸った気分が

 

木の柵に、私の後ろから飛んできたスズメが3羽とまりました。

向かいの家からもスズメの声が

 

おはようございます。

今日も1日始まりました。

人の数だけ今日のはじまりの数が。

 

バス停までもう少し!

 

とりあえず、散ッ!

 
f:id:o39mogmog:20171101101053j:image

穴のないドーナツと蟻の胃袋

いつか飽きられる事を恐れだしたのは、私が私に飽きているからで、自覚し始めたからだ。

近頃帰りは決まってこんな気持ちになる。

鼻下まで海水が溜まってる体。今にも口と目から零れてしまいそう。

焦っている割には、つまり怠惰なんだ。

こんな面白くない顔をしている奴、誰が面白いと思ってくれるの。必要としてくれるの。

 

あー、必要とされたくて気張るのも良いやな

 

それはそうと、私は思ったより初対面が苦手だ。

思っていたより会話が出来ない。

いや思ってはいたけど、、

第一声が出ない。沈黙から始まる。目を見れない為、人と話す時顔をみるのは必然なのに、目が合う事が一つのドッキリみたいになってしまって、合ったが最後、目線を外せない。

言葉も出ぬまま目だけ合って体が固まってちょっとニコニコする。

思考は停止する。

私がはなしを出来るのは同じタイプの、言葉が要らない人だけだ。もしくはそれを許してくれる人だけ。

だから、例えばバイト先の人のような人とすぐに馴染めない。

方法が分からないから許してくれるのを待っているんだろうな。

いつもそちらに逃げてしまう。

 

初対面で何度かイラッとさせてしまう瞬間。お腹の空いた蟻になった気分。

心の中で何度も謝る。

何なの?って思ってますよね、でも方法が分からなくて。

ごめんなさい。頑張ります。だからどうか嫌いにならないで。って

 

そう、私は昔から、嫌いにならないで。って過ごして来た事に気付いた。

思っているより臆病だった。そしてひょうきん者と言われていた。

最近母に、昔の美紅に戻ったみたいと言われた。

反抗期を脱した私は昔のひょうきん者に戻ったのだ。なんか変な感じだけれど確かにそうだ。これが安心するんだろうな。

人に笑って欲しくなる。

 

とかいいつつ、何の解決策も見つかってませーん。誰か私の腕を引っ張ってくれーい。

 

因みに滅入っている訳じゃない。むしろ闘士満々に行きたい。

明日からの撮影の為、単身鳥取行きの高速バスの中。一つだけ買っておいた特別なドーナツをゆっくり食べて、とてもリッチな気持ちであぁなんだか大人になった気分だと、粉砂糖の着いた口でニヤついている。

 

さあ、明日からしばらく18歳の高校生になります。画面の中で、若々しく、行きましょう。

 

そんだば、散ッ!


f:id:o39mogmog:20170904194855j:image